初めての『助産師外来』で何をするのかわからなくてドキドキした

妊娠7ヶ月目に初めて『助産師外来』がありました。今までお医者さんの診察しか受けてこなかったので、一体何をするのか何が違うのかわからなくてドキドキしました。

 

初めての『助産師外来』

実際、受けてみたらお医者さんの診察との差はそんなにありませんでした。

 

1回目だったからかもしれませんが、てっきり母乳の話とか胸揉まれたり(?)するのかと考えていたんですよね。一体、助産師さんからどんな指導がくるんだろう・・・といろいろな想像をしてしまいました。

 

差はそんなに無いと書きましたが、お医者さんの診察との違いはもちろんあります。

私が通ってる病院の話なので他は違うかもしれませんが、お医者さんが医療としての胎児の確認という感じに対して、助産師さんはエコーを見ながら胎児の様子を一緒に見て楽しんでくれたり、丁寧にいろいろ見たり説明してくれる感じでした。

どっちが良い・悪いでは無いですが、こういう診察もあるんだな~というのが新鮮で楽しかったです。

 

あとは出産・入院に関して質問して良いよということだったので、疑問に思っていたことをいろいろ聞けたのも良かったです。

事前に、『出産・入院の手引き』を読んでおいたので、聞いていいよと言われた時に聞ける準備がこちらもできていました。読んでおける時に読んでおくこと大切!

ちなみに疑問に思っていたいことは、入院時の荷物のことです。「この持ち物、何に使うんだろう?使い道によっては、AとBどちらが良いのかな?」と思ってたので、

助産師さん「◯◯に使うんですよ」

私「それだとAの方が良いな!」

と決められて良かったです。

 

あと、助産師外来は川崎市の『妊婦健診費用の補助券』が使えるのかどうかわからなかったのですが、普通に使えました。

冷静に考えたら、尿検査もエコーもあったし、いつものお医者さんの診察は良くてこっちはダメなのはおかしいですもんね。初めてだとわからないと混乱して落ち着いて考えられませんでした。

 

↓妊娠関連の投稿一覧↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました