PR

第二子での、#出産の痛みツラミランキング

キツネ

第一子のときにやったランキング付けを、今回もやってみます。

#妊娠出産痛み辛みランキング
Twitterでこのハッシュタグを見つけたので、自分も書いてます。(Twitterやってないのでブログで)

(Twitterで見かけたハッシュタグを、Twitterやってないのでブログでやってます)

 

【第二子の場合】#妊娠出産痛み辛みランキング

1位~5位

1位 1歳児の相手をしながらの妊娠生活(特に初期と後期)

2位 陣痛(子宮口4cm~全開まで)

3位 出産の痛み

4位 つわり

5位 妊娠糖尿病の食事制限と血糖値測定

6位 産前(妊娠後期)・産後の痔

 

ちなみに第一子の時は下記ランキングでした。

  1. 産後の子育て
  2. 陣痛(子宮口6cm~全開まで)
  3. つわり(気持ち悪さ、食事ができない)
  4. 出産の痛み
  5. 臨月のだるさ

比べると結構違いますね。

 

1位 1歳児の相手をしながらの妊娠生活(特に初期と後期)

これは、第一子の出産ランキング1位~5位よりも辛かったです。(ヽ´ω`)

第一子妊娠中は、つわりが辛い時は泣きながら寝て時間が過ぎるのを待つだけで良かったのですが(これはこれで辛かったけど)、第二子妊娠中だと1歳児がいるので辛いと言って寝てるわけにもいかず、頑張ってお世話して・遊ぶ相手をして・食事の準備をして食べさせて・・・という数々のタスクをやるのが本当にしんどかった。頑張りました。

妊娠中期はまだ楽でしたが、初期のつわりで苦しんでいた時と、後期のお腹が大きくて辛い時が特にしんどかったですね。どっちが辛かったかは甲乙つけがたいです。

ちなみに妊娠期間、第一子は0歳11ヶ月~1歳9ヶ月でした。初期はまだ外遊びしない時期だったので、今思えばその点は楽でしたね。中期以降は、ほぼ毎日公園に遊びに行っていたので、つわり中に外遊びの相手は私には無理だったかも。

2位 陣痛(子宮口4cm~全開まで)

これは前回と同じく2位。

でも今回は、「第一子のときより辛い気がする。こんなにしんどかったっけ!?」と、少しパニックになってしまいました。そして、「夫はこの辛い思いしなくて良いんだな・・・憎らしい!」とか前回無かった感情もムクムク湧いてきましたね。

辛いけど逃げ出せないし止められない陣痛は恐怖感もあって、「もう妊娠出産嫌だー!」という気持ちにもなりました。(しかし、出産後また妊娠出産しても良いなという気持ちになったという)

3位 出産の痛み

第二子はスピード出産だったので、痛かったけど時間がかからなかったのが救いでした。30代後半の大人が大声で「痛いー!」と叫ぶぐらいには痛かったです。

産んだ後はしばらく放心状態になってました。

4位 つわり

今回はたぶん吐いてないです。それと、第一子の相手もしなきゃいけなかったので、食べられるものを探して前回よりたくさん食べてました。それでも、体がだるくてしんどくて眠くて辛かったです。横になれる時はとにかく寝てました。

5位 妊娠糖尿病の食事制限と血糖値測定

最初5位は何も思いつかなかったんですが、しばらくして「ああ、妊娠糖尿病になったのも辛かったよね」と思い出して5位になりました。

毎日3回指に針刺して血糖値測定。やっていくうちに慣れたけど、最初は痛いし、指に針をさす恐怖感もあって辛かったです。冬の時期は血行が悪いので、針を刺して痛い思いをしても血が出なかったり。3回刺しても出ない時は、もうやりたくないと投げやりにもなってました。

毎日やっているうちに痛みも針の刺し方も慣れてたいして苦じゃなくなりましたが、1歳児の寝かしつけをしている時に血糖値測定の時間(食後2時間後)になったり、眠いのに測りにいかなきゃ行けなかった時は辛かったです。そのまま寝て測るのをサボっていた時期もありました。(厳しい先生の注意されたので、またちゃんと測るようになりましたが)

 

あとは食事制限。

食べたいものを食べたいだけ食べられないのは辛かったです。お腹が空いたけど血糖値測るために2時間食べることを我慢したり、食べても『SOYJOY』とか『玄米ブラン』とか血糖値が上がりにくいお菓子だったり。

たまに、我慢するの嫌だー!食べてやるー!ってラーメン(血糖値上がりやすい)を食べたこともあったんですが、妊娠中に味覚が変になってて、食べても美味しくなくて悲しかったですね。

 

妊娠中は食べることで得られる幸せが激減してました。

 

だんだん血糖値が上がりにくい食事がわかるようになったり、分割食に慣れていったら辛さは減っていきました。

6位 産前(妊娠後期)・産後の痔

臨月になってから痔になり、産後はさらに悪化しました。

第一子のときにも痔にはなりましたが(妊婦はなりやすいらしい)、今回に比べるとめちゃくちゃ可愛いものでランキングに入るほどでは無く。今回はあまりの痛さに脂汗が出て「どうしよう・・・」と悩むほどでした。(←痛みに苦しんだのは産後。産前もオウッ!となりましたが、産後ほどでは無かったです)

幸い、数日で痛みは無くなりました。

ちなみに産前はもうすぐ出産予定日だったので、産婦人科の先生と相談して特に薬を塗ったりはせず、産後に処方してもらった薬で対処でしました。

 

その他の話

前回1位の『産後の子育て』がランク外

まだ第二子を育てて1ヶ月ちょいしか経ってませんが、『産後の子育て』はランキングには入らなかったです。第一子を育てた経験があるおかげで、第二子はそれほど苦ではありません。

知ってる、経験してるというのは大きいですね。

 

第一子は夜中の相手をするのが本当に心細かったのですが(一人でちゃんとできるかな、ちゃんと夜中に起きられるかな 等)、今は「私は眠いから寝てくれ~!」ぐらいのことしか考えてないです。

あと、『1歳児の相手をしながらの妊娠生活』の方が大変だったので、ランキングに入るほどでは無かったです。

母乳もまだ十分出なくて混合ですが、「出ないなら出ないで良いや~」ぐらいの気持ちでいるので、第一子のときみたいに悩んでないです。

 

また赤子が病気になったりしたら変わるかもしれませんが、産後の子育ては今のところ平和です。

 

終わりに

ランキングには入らなかったけど辛かったこととして、『出産後の処置(っていうのかな?)』があります。赤ちゃんが出た後、胎盤出したり、会陰切開を縫ったりいろいろやってもらったんですが、第一子の時よりも痛くて辛くて「うげっ」とか変な声出して耐えてました。

産後に母に聞いたら、この処置は出産を経験するごとに辛くなったと言ってました。(1人目より2人目、2人目より3人目の方が辛かったそう)

 

全然知らなかったです。そして、出産前に知らなくて良かったです・・・。変に身構えずに済んだので。

 

この『出産後の処置』がランキングに入らなかった理由は、短時間で済んだからなのと、出産後放心状態でボーっとしてる時のことなのでちゃんと覚えてないからです。

タイトルとURLをコピーしました